在宅ノマドワーカーがウェブで稼ぐためのブログ!WebMake(ウェブメイク)

上位独占サイトが実践する「SEOライティング」の基本

上位独占サイトが実践する「SEOライティング」の基本

SEOで上位表示するためには、ユーザーと検索エンジンの両方に伝わりやすいコンテンツを作ることが大切です。ここでは、SEOに強い記事を書くための「SEOライティングの基本」について解説します。

目次

  1. SEOライティングとは
  2. キーワード選定
  3. タイトルタグの最適化
    1. SEOキーワードを入れる
    2. 1記事1テーマ
    3. 文字数は32~35文字以内
    4. ベネフィットをシンプルに伝える
    5. クリックしたくなる魅力的なタイトルを付ける
    6. 重要キーワードを前方に配置する
  4. メタディスクリプションの最適化
    1. SEOキーワードを含める
    2. ページの内容を正確に伝える
    3. 120文字以内、要点を50文字以内で書く
    4. ページ毎に固有(ユニーク)の説明文を設定する
    5. 重要キーワードは前方に配置する
  5. 見出しタグの最適化
    1. hタグの順番を守る
    2. 関連性の高いキーワードを含める
    3. <h1>タグは基本1つ
  6. リンクの最適化
    1. 内部リンクの最適化
    2. リンク先の内容が分かるアンカーテキストを設定する
    3. 有益な情報源への発リンクを張る
  7. URLの最適化
    1. わかりやすいシンプルな文字列にする
    2. 日本語ではなく、英数字にする
    3. 単語をハイフン(-)で区切る
  8. コンテンツの最適化
    1. 記事の冒頭にSEOキーワードを含める
    2. リード文でベネフィットを伝える
    3. 見出しタグの直下にSEOキーワードを含める
    4. 共起語や関連キーワードを意識する
    5. 類義語や同義語を使う
    6. 専門用語を使う
    7. 代名詞を多用せず、キーワードを使う
    8. 改行や行間に気を配り、心地よいリズム感を大切にする
    9. 箇条書きでわかりやすく要点をまとめる
    10. 正しいマークアップをする
    11. SEOに強い文字数とは
  9. 一番重要なのは「ユーザーの検索意図」に答えること!
  10. まとめ

SEOライティングとは

SEOライティングとは

SEOライティングとは、検索エンジンにコンテンツを正しく評価してもらうための文章術のことです。正しいライティングを学ぶことで、コンテンツの価値が高まりSEO上位表示の大きな足がかりとなります。

ユーザーと検索エンジンの両方に伝える

SEOライティングでは、ユーザーと検索エンジンの両方に親切な文章を心がけることが大切です。

SEOを意識するあまり、長文でキーワードばかりを盛り込んだ不自然で伝わりにくいコンテンツになってしまっては本末転倒です。

第一に、コンテンツは “ユーザーのため” であること。その上で、 “クローラーが理解しやすい文章構造” を心がけることが大切です。

ここでは、検索エンジンに強い記事の書き方を解説しています。

「SEOでなかなか上位表示できない」
「SEOで上位表示させて、検索エンジンからの安定した集客を獲得したい」

そんな方は、ぜひ最後までお読みください。

キーワード選定

キーワード選定

SEOライティングで集客するためには、記事のテーマ(=キーワード選定)が最も重要です。検索キーワードから「ユーザーの検索意図」を紐解き、それに答えた高品質なコンテンツを作ることが上位表示には欠かせません。

まず、そのキーワードで検索するユーザーはどんな人物で、何を考えているのかを知る必要があります。

▼集客性を高める「キーワード選定」については以下記事で詳しく紹介しています。
アフィリエイト集客のための「SEOキーワード選定」の基本

タイトルタグの最適化

タイトルタグの最適化

SEO対策で重要となるのが「記事タイトル」です。タイトルタグの最適化では以下6つのポイントを意識しましょう。

  • SEOキーワードを入れる
  • 1記事1テーマ
  • 文字数は32文字以内
  • ベネフィットをシンプルに伝える
  • クリックしたくなる魅力的なタイトルを付ける
  • 重要キーワードを前方に配置する

SEOキーワードを入れる

ページのタイトルには、SEOキーワードを必ず入れるようにしましょう。そうすることで検索エンジンにサイトのテーマを正確に伝えることができます。

とはいえ、近年その重要性は薄れてきており、タイトルタグは検索順位の決定的要因にはならないことも理解しておきましょう。

参照記事:SEOにおける重要性が薄れている、モバイル検索では書き換えが発生しやすい、などtitleタグの最新事情

Google検索エンジンは日々進化しており、サイトの評価をタイトルだけでなく記事の内容やその他あらゆる要因からコンテンツを理解できるようになっています。

ですが、検索結果においてはSEOキーワードの有無が流入率を上げる重要な要因になります。タイトルにはSEOキーワードを含め、不要なワードは詰め込まないようにしましょう。

1記事1テーマ

1つの記事で扱うテーマは1つに絞りましょう。複数のテーマが混在すると検索エンジンからの評価が低くなってしまいます。

伝えたいテーマを1つに絞ることでキーワードの重要性も高まります。

文字数は32文字以内

タイトルの文字数はSEOに直接影響を与えるものではありませんが、32~35文字前後を超えると「…」と末尾が省略されてしまうため、なるべく32文字以内に収めるようにしましょう。

大切なのは文字数ではなく、文字数内でいかに魅力的なタイトルにするかが、検索結果での流入率を左右します。

ベネフィットをシンプルに伝える

コンテンツを示唆する、魅力的なタイトルにしましょう。

そのページを読むことで得られるベネフィットがシンプルに伝わる魅力的なタイトルを付けることで、検索結果やソーシャルメディアでの流入率が上がります。

クリックしたくなる魅力的なタイトルを付ける

SEOを意識するあまり、キーワードを羅列しただけのつまらないタイトルになってしまわないように気をつけましょう。

ユーザーの興味を惹く魅力的なタイトルにすることで、検索結果やソーシャルメディアからのアクセスアップが期待できます。

重要キーワードを前方に配置する

Google検索エンジンは、タイトルタグの前方にあるキーワードを重要視する傾向があります。また、前方にキーワードを配置することで、検索結果でユーザーの目に付きやすく、クリック率の向上が期待できます。

メタディスクリプションの最適化

メタディスクリプションの最適化

メタディスクリプションは直接的なSEO効果はありませんが、適切に設定することで、検索結果でのクリック率を向上させることができます。

ディスクリプションの最適化では以下の点を意識しましょう。

  • SEOキーワードを含める
  • ページの内容をシンプルに説明する
  • 120文字以内、要点を50文字以内で書く
  • ページ毎に固有(ユニーク)の説明文を設定する
  • 重要キーワードは前方に配置する

SEOキーワードを含める

SEOキーワードを適度に含めることで、検索クエリとの関連性を高めることができます。また、検索結果で太字で表示されるためユーザーの目に付きやすくクリック率が向上しやすくなります。

かといってキーワードを過剰に詰め込み過ぎるとスパムを受ける可能性があるので、多くても2~3個以内にしましょう。

ページの内容を正確に伝える

検索ユーザーは自分が求めている情報がそのサイトにあるかを、タイトルとディスクリプションを見て判断します。

ディスクリプションでページの内容を正確に伝えることで、検索結果での流入機会を増やすことができます。

120文字以内、要点を50文字以内で書く

ディスクリプションの文字数は「PC=120文字/スマホ=50文字」以内に収まるように書きましょう。

特に、スマホでの検索が増加している昨今では、モバイルファーストを意識して50文字以内に要点をまとめることが大切です。

ページ毎に固有(ユニーク)の説明文を設定する

サイト内で同一のディスクリプションがあると、重複コンテンツとみなされ評価が下がる可能性があります。面倒だからといって使い回しはせずに、必ずページ毎に固有のディスクリプションを設定しましょう。

重要キーワードは前方に配置する

重要キーワードを前方に配置することで、ユーザーの目に付きやすく、検索結果でのクリック率が向上しやすくなります。

また、前述した通りスマホでは50文字程度しか表示されないため、それに収まる形でキーワードを配置するのもポイントです。

見出しタグの最適化

見出しタグの最適化

見出しタグを正しく設定することで、クローラーにコンテンツの文章構造を正確に伝えることができます。

見出しタグの最適化では以下の3つのポイントが大切です。

  • hタグの順番を守る
  • 関連性の高いキーワードを含める
  • <h1>タグは基本1つ

hタグの順番を守る

見出しタグは<h1>~<h6>まで6種類あり、これらの順番を守ることが重要です。順番が不規則になっていると、クローラーがコンテンツ内容を正しく理解できず、結果的にSEOにマイナスの影響を与えてしまいます。

▼順番が守られていない例

<h1>タイトル</h1>
  <h3>タイトル</h3> ←
 <h2>タイトル</h2>
  <h3>タイトル</h3>
  <h3>タイトル</h3>

▼正しい例

<h1>タイトル</h1>
 <h2>タイトル</h2>
  <h3>タイトル</h3>
 <h2>タイトル</h2>
  <h3>タイトル</h3>
  <h3>タイトル</h3>

関連性の高いキーワードを含める

見出しタグ<h○>に上位表示を狙うSEOキーワードや関連性の高いキーワードを含めることで、SEO効果を高めることができます。

▼見出しタグに関連性の高いキーワードを含めた例

<h1>seo対策の基本</h1>
 <h2>内部対策</h2>
  <h3>キーワード選定</h3>
  <h3>タイトルタグの最適化</h3>
  <h3>ディスクリプションの最適化</h3>
・・・
 <h2>外部対策</h2>
  <h3>高品質な被リンクを集める</h3>
  <h3>ソーシャルメディアで拡散</h3>
・・・

<h1>タグは基本1つ

<h1>タグは、そのページで最も重要な見出しタグです。

HTML5では1つのページに複数の<h1>タグを使うことができますが、キーワードの重みが薄れてしまうため、<h1>タグは1ページに1つ、最も重要なテキストを設定しましょう。

リンクの最適化

リンクの最適化

コンテンツ内にリンクを適切に設定することで、クローラーにコンテンツの内容や関連性を正確に伝えることができます。

リンクの最適化では以下の3つのポイントが大切です。

  • 内部リンクの最適化
  • リンク先の内容が分かるアンカーテキストを設定する
  • 有益な情報源への発リンクを張る

内部リンクの最適化

コンテンツ内に関連性の高いページへの内部リンクを設置することで、SEO効果を高めることができます。

リンク先の内容が分かるアンカーテキストを設定する

アンカーテキストには重要キーワードを含め、リンク先ページの内容が分かるテキストを設定しましょう。

▼悪い例

内部リンクの最適化は <a href="~~~">こちら</a>

▼良い例

詳しくは <a href="~~~">内部リンクの最適化</a> で解説しています。

アンカーテキストには「こちら」「クリック」といったテキストではなく、ページ先のタイトルや対策キーワードを設定しましょう。

有益な情報源への発リンクを張る

発リンクは内部リンクと同様に重要です。有益な情報源への発リンクを張ることで、コンテンツの評価を高めることにもつながります。

URLの最適化

URLの最適化

ページのURLを適切に設定することで、検索エンジンがクロールしやすくなり、SEO効果を高めることができます。

URLの最適化では以下のポイントが大切です。

  • わかりやすいシンプルな文字列にする
  • 日本語ではなく、英数字にする
  • 単語をハイフン(-)で区切る

わかりやすいシンプルな文字列にする

ページのURLはコンテンツの内容が分かりやすいシンプルな文字列にしましょう。不要な文字列が羅列した、複雑なURLは内容が理解しがたく、結果クロールされにくくなります。

▼悪い例

https://xxx.com/?p=12345
https://xxx.com/?dir_code=123&item_id=12345?a2b7cd1ef3g

▼良い例

https://xxx.com/writing

例えば、上記は「ライティング」についての記事であることが容易に推測できます。文字数に明確な決まりはありませんが、できるだけ短い方が検索エンジンもクロールしやすくなります。

日本語ではなく、英数字にする

キーワード一致の考え方から、URLを日本語で設定するサイトも多いですが、コピペしたりソーシャルメディアの投稿に表示される際に、以下のように難解な文字列で表示されます。

【元のURL】
https://xxx.com/SEOライティングの基本

【変換後】
https://xxx.com/SEO%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%9c%ac

このようなリスクを考慮して、日本語ではなく、シンプルでわかりやすい英数字で設定するのが好ましいでしょう。

単語をハイフン(-)で区切る

複数の単語が含まれる場合はハイフン(-)で区切り読みやすくしましょう。例えば「メンズ 財布」についてのページであれば以下のように記述します。

▼好ましくない例

menwallets
men_wallets

▼好ましい例

men-wallets

アンダースコア(_)は区切り文字として認識されないため、ハイフン(-)を使うことを推奨します。

コンテンツの最適化

コンテンツの最適化

本文を書く上でのSEOライティング術(ポイント)を紹介します。

コンテンツの最適化では以下のポイントが大切です。

  • 記事の冒頭にSEOキーワードを含める
  • リード文でベネフィットを伝える
  • 見出しタグの直下にSEOキーワードを含める
  • 共起語や関連キーワードを意識する
  • 類義語や同義語を使う
  • 専門用語を使う
  • 代名詞を多用せず、キーワードを使う
  • 改行や行間に気を配り、心地よいリズム感を大切にする
  • 箇条書きでわかりやすく要点をまとめる
  • 正しいマークアップをする
  • SEOに強い文字数とは

記事の冒頭にSEOキーワードを含める

SEOライティングでは記事の最初にあるリード文が特に重要です。

クローラーは冒頭にある文章を重要視する傾向にあり、ここにSEOキーワードを含めることで、コンテンツのSEO効果を高めることができます。

特にブログやアフィリエイト記事を書くときは、冒頭のリード文と最後のまとめに、上位表示を狙うSEOキーワードを含めることでページ全体の関連性が高まり、検索エンジンから評価されやすくなります。

リード文でベネフィットを伝える

ユーザーはその記事を読み進めるか否かをファーストビューを見て判断します。

そのため冒頭のリード文でページを読んで得られるベネフィットを伝えることで、ユーザーの離脱を回避し、記事の完読率を上げることができます。

見出しタグの直下にSEOキーワードを含める

検索エンジンは文章の中でも見出しタグの直下にあるテキストを重要度の高いワードと評価します。

そのため、見出しタグ直下の段落の最初にSEOキーワードを含めて要点をまとめることで、SEO効果を高めることができます。

共起語や関連キーワードを意識する

上位表示を狙うキーワードの共起語や関連キーワードを含めることで、検索クエリとの整合性を高めることができます。

共起語とは

共起語とは1つのキーワードを連想した時に、よく使われる単語のことです。

例えば、「花粉症」という言葉を説明するためには、「症状」「アレルギー」「原因」「スギ」「時期」・・・などの言葉が使われます。これが共起語です。

クローラーは共起語からコンテンツの内容や関連性を把握します。(キーワードの共起語は 共起語検索ツール で調べられます。)

クローラーは共起語でキーワードの意味を理解する

ここに「ぼたん」という言葉があります。

これだけだと何を表しているのか分かりませんが、「開花」「季節」という言葉が続けば、植物の「牡丹(ぼたん)」だと理解できます。

一方で、「糸」「ハンドメイド」が出てくれば、服に付ける「ボタン」であると理解できるでしょう。

このように共起語はキーワードの意味を理解する足がかりとなります。

類義語や同義語を使う

ユーザーの検索キーワードは多種多様であり、類義語(シソーラス)や同義語を含めることで、ロングテールキーワードで上位表示されやすくなります。

類義語や同義語は 類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書 で調べられます。

専門用語を使う

Google検索エンジンはコンテンツの専門性(スペシャリスト)を評価します。

ターゲットユーザーに分かりやすい言葉を選ぶことは大切ですが、ある程度の専門知識が備わったコンテンツであることをクローラーに伝えるためにも、専門用語を積極的に使うようにしましょう。

代名詞を多用せず、キーワードを使う

「これ」「あれ」「彼」など代名詞を多用しすぎると、クローラーは内容を正しく理解できなくなってしまいます。

もちろん同一のキーワードを繰り返し使うことで、くどく読みにくい文章になってしまっては本末転倒ですが、そうした場合には類義語や同義語などを上手に使い、自然な文章を心がけることがSEOライティングでは大切です。

改行や行間に気を配り、心地よいリズム感を大切にする

改行もなく文字がびっしりと並べられた文章は、ユーザーにとってストレスになり、どんなに素晴らしい内容であったとしても、読まれなくなってしまいます。

「句点。」「!」などで適度に改行し、文章にリズム感を持たせましょう。

箇条書きでわかりやすく要点をまとめる

箇条書き(リスト)を使うことで、情報をわかりやすく整理することができます。

「○○と××、△△と□□」など、並列表現を多用している場合には、箇条書きでまとめることで読みやすいコンテンツになります。

正しいマークアップをする

クローラーにコンテンツ内容を正確に伝えるためには、適切なマークアップが必要です。最低限以下のHTMLタグを正しく使いましょう。

  • 見出し ⇒ <h1>~<h6>タグ
  • 段落 ⇒ <p>タグ
  • 箇条書き ⇒ <ol><ul>タグ
  • 表 ⇒ <table>タグ
  • リンク ⇒ <a>タグ
  • 画像 ⇒ <img>タグ
  • 引用 ⇒ <blockquote>タグ

特に他記事から引用した文章などは、<blockquote>タグで囲って、引用であることを示しましょう。

また、前述した箇条書きなども、

<p>
・項目1<br>
・項目2<br>
・項目3
</p>

このように改行するのではなく、以下のようにリストタグ「<ol><ul>」でマークアップすることで、クローラーが理解しやすくなります。

<ul>
<li>項目1</li>
<li>項目2</li>
<li>項目3</li>
</ul>

SEOに強い文字数とは

文字数は何文字以上だとSEOに強いといった明確な基準はありません。よく最低限 “2,000~3,000文字以上を目安” になどと耳にしますが、そうした根拠は全くありません。

もちろん競合性の高い専門トピックスは、長文コンテンツが上位表示しているケースが多いですが、検索順位はあくまで「相対評価」で決まるため、競合性が低いキーワードは文字数が少なくても上位表示が可能です。

検索エンジンは検索クエリに一番マッチしたコンテンツを表示しています。大切なのは文字数ではなく、ユーザーの検索意図に答えたコンテンツを作ることです。徹底的に親切なコンテンツを心掛けると、おのずと文字数も膨らんでいくでしょう。

全てのコンテンツが長文に適しているわけではない

また、全てのコンテンツが長文に適しているわけではなく、例えば「今年 何年」のような検索キーワードの場合、ユーザーは今年の年号がシンプルに分かるコンテンツを求めています。

今年の平成

※上記は検索1位のサイトです。

一番重要なのは「ユーザーの検索意図」に答えること!

ユーザーの検索意図

SEOで上位表示するためには「ユーザーの検索意図」を理解し、それに答えたコンテンツを作ることが重要です。

以前は「キーワード出現率」を一定の比率に調整することで、上位表示が可能でした。

しかし、現在はGoogle検索エンジンも進化しており、単にキーワード一致ではなく、検索クエリから検索意図を正確に読み取れるようになっています。上位表示のためのSEOライティングでは、ユーザーの検索意図を理解し、それに答えた高品質なコンテンツを提供することが求められます。

まとめ

ここで説明したSEOライティングの基本を実践することで、今までより検索に強いコンテンツを作ることができます。

ユーザーの検索意図に答えた、徹底的に親切で高品質なコンテンツを作り、検索エンジンにも伝わりやすい文章を心掛けることがSEOライティングの極意です。手間を惜しまず確実に取り組むようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【SEOに強いサイトを作るなら読んでおきたい記事】

※掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。ユーザー様に、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけると幸いです。

この記事がお役に立ったらシェアしてね!

最新情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事